妊婦さんのハーブ使用には流産の危険があるって本当?

ハーブには、自然由来の健康的なイメージがあります。しかし、ときには薬のような効果を持つことがあり、副作用が心配されるケースもあります。特に注意が必要なのが妊婦さんです。

ハーブに流産誘発作用の危険!?

一部のハーブに含まれる精油成分は子宮の収縮を引き起こし、流産の危険を高めると考えられています。危険性が指摘されているハーブには次のものがあります。

ペニーロイヤル
セイヨウノコギリソウ
エゾヨモギギク
カキドウシ
セイヨウネズ
セージ
ペニーロイヤル

妊娠中のハーブは薬と同じように扱うべき

海外では、妊婦さんがハーブを積極的に取り入れているようです。北米で26.6%、西欧で27.7%、東欧で51.8%、豪州で43.8%の妊婦さんがハーブ製品を利用しているといいます。

日本の妊婦さんはビタミンやミネラルの摂取が中心でハーブを利用する人はまだ多くありませんが、今後増える可能性があります。利用者が多く、すでにハーブの危険性が明らかになっている欧米では、妊婦さんのハーブ利用に対して保健所から注意喚起情報が出されている例もあります。

妊娠中のハーブは、「必要でない限り利用しない」が原則だそうです。薬を扱うときと同じような慎重さが求められています。

このように植物由来なので体に良いイメージのあるハーブですが、妊娠中の使用には注意が必要ですね。とくに妊娠中というわけではなければそこまで神経質になる必要はないでしょう。植物に含まれる有効成分の恩恵まで手放してしまうのはもったいないですからね。女性もある程度の年齢を重ねると疲れやすくなったり、疲れが表情に出やすくなったりしますよね。「なんか老けたよね?」なんて言われたらショックです…。江崎グリコは、疲れにくい体づくりに役立ち、お肌にも良い成分を配合したサプリメントを開発しました。ggサビナというサプリメントなんですが、主成分が赤パプリカなのだそうです。赤パプリカにはあのアスタキサンチンを超える抗酸化作用があるということなので、効果がとても楽しみ。ggサビナを実際に使ってみた人の口コミが知りたい人はこちらをどうぞ。>>効果は嘘?ggサビナの口コミを徹底検証