妊婦さんの飲酒、米で全面禁止の動き…「胎児性アルコール症候群」とは?

米小児科学会は「アルコールは一切飲んではいけない」と呼びかけたそうです。これまでも妊婦さんの飲酒による害は知られていましたが、一切ダメというのは厳しすぎるように感じる人もいることでしょう。しかし、胎児性アルコール症候群のリスクを考えると、全面禁止が賢明な選択といえるかもしれません。

心配される赤ちゃんの障害

日本産婦人科医会によれば、妊娠中のアルコールの影響で流産、死産、先天異常が生じることがあり、「アルコールが催奇形性を有することは明らか」だといいます。懸念される障害は次の通りです。

・子宮内胎児発育遅延や成長障害
・精神遅滞、中枢神経障害
・頭蓋顔面奇形(特異顔貌や小頭症)
・心奇形、関節異常

こうした障害を「胎児性アルコール症候群」といい、欧米では精神遅滞の原因の1~2割を占めると考えられているそうです。

妊婦さんに許されるアルコールの量

日本において、妊婦さんの飲酒は全面禁止とはされていませんが、その量については厳しく制限することが推奨されています。1日の飲酒の量と胎児への影響についての一般的な基準は次のとおりです。

・15ml未満…胎児への影響は少ないと考えられる
・90ml以上…奇形の発生率が高くなる
・120ml以上…30~50%の割合で胎児性アルコール症候群が発生する

胎児への影響を抑えるには、少なくとも15ml未満にとどめる必要がありそうです。15ml未満がどれくらいの量なのかを確認しておきましょう。

・ワイン…グラス1杯
・日本酒…コップ1/2杯
・ビール…350ml缶1本

飲酒に関しては頻度も重要な要素です。中枢神経障害が生じた胎児の約8割の母親は、70~80ml以上のお酒を週に数回程度飲んでいたといいます。また、日本産婦人科医会は、妊婦さんの飲酒については「安全量が確立されていない」ことを強調しています。つまり、15ml未満であったとしても影響が出ないという保証はないのです。日本においても、多くの専門家が妊婦さんに完全な禁酒を勧めています。

妊婦さんは特にお酒の影響には注意した方が良さそうです。妊娠中にはその他、ハーブの使用にも注意が必要だと言われています。体に良いイメージがあるハーブですが、お腹の赤ちゃんに影響が出ることがあるからです。それから、お母さん自身の問題としては、妊娠中にシミができやすいという話をよく聞きます。健康の問題に比べれば小さな問題かもしれませんが、妊娠中にできたシミが後々残ってしまうのは嫌ですよね。シミやニキビ跡には美白効果のあるハイドロキノンが有効だと言われていますが本当でしょうか? ハイドロキノンは強い成分なので副作用も心配です。安全に使えるなら試してみたいのですが…。【参考】【口コミ】ランテルノに効果なし? ハイドロキノンに副作用も!

アンミカ「ながらスマホ」転倒、40代が救急搬送ワーストだった!

タレントのアンミカさん(44)は4月1日付けのブログで、ながらスマホで転倒し思わぬ大けがをしたことを告白しました。夜間に鳴った携帯を取ろうとした際に花壇に倒れ込んで左脚を負傷。血まみれになったといいます。

ながらスマホ、歩きスマホの危険性はかねてから指摘されています。こうした事故はデジタルネイティブの若者に多いイメージを持つかも知れませんが、実際にケガをした人の年齢を見ると意外にも40代が最も多いという結果になっています。

救急搬送される人数が最も多いのは40代

東京消防庁が平成22年~26年に歩きスマホ、ながらスマホが原因で救急搬送された人の数を公表しています。

5年間で152人が救急搬送されており、その内訳を年齢別に見ると次のようになりました。

<年齢別に見た救急搬送人数>
9歳以下……1
10代……20
20代……31
30代……28
40代……36
50代……19
60代……13
70代……3
80代……1

まず、非常に少ない9歳以下と70代以上を除外して考えると、スマホを原因とする事故の主要な年齢層は10代~60代とみることができます。

この中で50代(19)、60代(13)の数が少ないのはイメージ通りといえるのではないでしょうか。意外なのは10代(20)で、50代とほとんど変わらない数字です。

20代(31)については、これもイメージ通りに高い水準となっていますが、それでも1番ではありません。もっとも救急搬送された人数が多いのは40代(36)で、次いで20代(31)、その次に30代(28)となっています。

道路・交通施設での事故が多く、ほとんどは軽傷

歩きスマホ、ながらスマホが原因でおきる事故のほとんどは「軽傷」で、全体の80.3%を占めます。入院が必要になる「中等度」の怪我が16.4%。そして、わずかではありますが生命の危険が強い「重症」が2.6%、生命の危機が切迫している「重篤」が0.7%となっています。事故が起きた場所としては、道路・交通施設が最も多い80.3%となっており、このうちの25%は「駅」での事故でした。

アンミカさんは「夜道での携帯のながら歩き、以後気を付けます」とコメントしていますが、こうした事故は決して珍しいことではありません。アンミカさんが該当する「40代」、「軽傷」、「道路・交通施設」などは、どれも救急搬送される人の典型的な特徴を示すものです。同様の怪我をする危険のある人も多いはず。あらためてながらスマホ、歩きスマホには注意したいですね。

話しはかわりますが、アンミカさんのニキビひとつない肌が本当に羨ましい…。ニキビは一度できると赤いニキビ跡が残ったり、ひどいときには肌が凸凹になってしまったりします。ニキビは作らないにこしたことはありませんよね。ディセンシアの「つつむ」は高い保湿力によって、乾燥でニキビができるのを防いでくれるそうです。クチコミをチェックしたところ、評判も上々のようでした!ディセンシア「つつむ」の口コミ!ニキビに効果的?

妊婦さんのハーブ使用には流産の危険があるって本当?

ハーブには、自然由来の健康的なイメージがあります。しかし、ときには薬のような効果を持つことがあり、副作用が心配されるケースもあります。特に注意が必要なのが妊婦さんです。

ハーブに流産誘発作用の危険!?

一部のハーブに含まれる精油成分は子宮の収縮を引き起こし、流産の危険を高めると考えられています。危険性が指摘されているハーブには次のものがあります。

ペニーロイヤル
セイヨウノコギリソウ
エゾヨモギギク
カキドウシ
セイヨウネズ
セージ
ペニーロイヤル

妊娠中のハーブは薬と同じように扱うべき

海外では、妊婦さんがハーブを積極的に取り入れているようです。北米で26.6%、西欧で27.7%、東欧で51.8%、豪州で43.8%の妊婦さんがハーブ製品を利用しているといいます。

日本の妊婦さんはビタミンやミネラルの摂取が中心でハーブを利用する人はまだ多くありませんが、今後増える可能性があります。利用者が多く、すでにハーブの危険性が明らかになっている欧米では、妊婦さんのハーブ利用に対して保健所から注意喚起情報が出されている例もあります。

妊娠中のハーブは、「必要でない限り利用しない」が原則だそうです。薬を扱うときと同じような慎重さが求められています。

このように植物由来なので体に良いイメージのあるハーブですが、妊娠中の使用には注意が必要ですね。とくに妊娠中というわけではなければそこまで神経質になる必要はないでしょう。植物に含まれる有効成分の恩恵まで手放してしまうのはもったいないですからね。女性もある程度の年齢を重ねると疲れやすくなったり、疲れが表情に出やすくなったりしますよね。「なんか老けたよね?」なんて言われたらショックです…。江崎グリコは、疲れにくい体づくりに役立ち、お肌にも良い成分を配合したサプリメントを開発しました。ggサビナというサプリメントなんですが、主成分が赤パプリカなのだそうです。赤パプリカにはあのアスタキサンチンを超える抗酸化作用があるということなので、効果がとても楽しみ。ggサビナを実際に使ってみた人の口コミが知りたい人はこちらをどうぞ。>>効果は嘘?ggサビナの口コミを徹底検証

冬の疲れや冷えは、ビタミンB群(補酵素)不足が原因かも!?

寒い季節に疲労がたまっている人は、代謝の低下が原因かもしれません。冬になると、体は熱を作り出すために基礎代謝を上げ、糖、脂肪、タンパク質をさかんにエネルギーに変えるようになります。

エネルギーを作り出す代謝の働きがスムーズに行われているときは、いわゆる「元気」な状態で、疲れ知らずで寒さもあまり気になりません。しかし、代謝が停滞すると、エネルギーが作られなくなり、熱も生まれないので元気がなくなり、一段と寒さを感じるようになります。代謝を活発にするには、ビタミンBの摂取が有効です。

代謝不足が疑われる症状

次のような症状が続く人はビタミンB群不足かもしれません。
・疲れている
・寝ても疲れがとれず、日中に眠くなる
・集中力がなく、イライラする
・カゼをひきやすい

加工食品の割合が増えるとビタミンB不足になりがちです。特に、エネルギーを必要とする寒い季節、ストレスの多い環境ではビタミンBの消費量が多くなると考えられます。

酵素の働きを助ける「補酵素」とは?

体の中では、ある物質を別の物質に変える化学反応が無数に起き、このときにエネルギーが作られたり、エネルギーを保存しやすい形に変えたりしています。こうした反応には酵素がかかわっています。酵素はタンパク質でできていますが、単独での働きは弱く、また、熱に弱いという性質を持っています。

補酵素(コエンザイム)とは、酵素の働きを助けるビタミンやミネラルのことで、食品から補うことができます。食事から十分な補酵素を摂取していれば、酵素の働きも活発になり、エネルギーの代謝がスムーズに行われます。補酵素の助けを借りて酵素がしっかりと働く体は「元気な体」といえます。そして、ビタミンB群は補酵素の代表ともいえる重要な栄養素です。

ビタミンB群を含む食品

ビタミンB群を豊富に含む食品は次の通りです。
・ビタミンB1:豚肉、うなぎ、玄米
・ビタミンB2:豚レバー、うなぎ、納豆
・ビタミンB3(ナイアシン):カツオ、豚レバー、ピーナッツ
・ビタミンB6:マグロ、牛レバー、さんま
・ビタミンB12:牛レバー、あさり

ビタミンB群は肉や魚などの高タンパクな食品に多く含まれています。ご飯やパン、麺類などの炭水化物に偏った食事をしていると、たとえカロリーの摂取が十分でも補酵素不足によって元気が出ないことがあります。特に、加工食品の割合が高い人は注意が必要です。なお、ビタミンB1が不足すると「脚気」になる可能性もあります。ビタミンB群を含む食品をしっかり摂取して、寒い冬を乗り越えたいですね。

ビタミンB群をしっかりとっている女性はお肌の調子もいいはず。でも、年齢肌でシミや毛穴が目立つようならスキンケアにもひと工夫したいですよね。ハイドロキノンはメラニンの生成を阻害する美白成分として知られています。そして、ハイドロキノンを化粧品にいち早く取り入れた2大ブランドといえば、ビーグレンとアンプルールです。それぞれ特長があるので、自分が求める肌に合わせて選びたいですね。>>ビーグレン アンプルールの違いとは?どっちが毛穴やニキビ跡に効果があるの?